藤沢の法律相談なら 弁護士法人シーライト藤沢法律事務所

TEL:0466-53-9340

お問い合わせ

弁護士法人シーライト藤沢法律事務所   >  採用情報  >  事務スタッフにインタビュー

事務スタッフにインタビュー

ある日のスケジュール   総務 人事担当 A・Kさん(2017年入社)

シーライト藤沢法律事務所 スタッフ ある日のスケジュール01 シーライト藤沢法律事務所 スタッフ ある日のスケジュール02 シーライト藤沢法律事務所 スタッフ ある日のスケジュール03

インタビュー

staff 写真総務業務・法律事務で活躍中のAさんは、2017年入所。
他業種からの転職で当所へ入所しました。

2人のお子さんを保育園に預けることから一日が始まります。
忙しい毎日を過ごすAさんに、入所のきっかけやシーライト藤沢法律事務所での業務内容、
職場全体の雰囲気などについて色々とインタビューしてみました。

Q: シーライト藤沢法律事務所に入所したきっかけは何ですか?

  前職の時短勤務が子供が3歳までとの規定だったため、子育てとの両立が難しくなり、転職を考えました。震災もあり、子供と離れることに不安も感じていたので、いっそのこと保育園の近くで勤めたいと思い、藤沢で職場を探していました。  応募した当初は、立地と勤務時間に魅力を感じていましたが、面接に行った際に、子育てとの両立や休みの取り方等様々な質問をしたところ、子育て中のほかの事務員との面談の場を設けて下さり、こちらの不安を払拭してくれました。その心遣いに惹かれて、この会社で働きたいと思いました。

Q: シーライト藤沢法律事務所での業務について

  基本的に弁護士の指示に基づき、仕事を行います。簡単なことであれば、お客様への送付文書の作成、書類のファイリングなどがあります。少し専門的な内容になると、裁判所へ送る資料の作成や相手方損保会社との交渉の際に必要な損害計算書の作成や、後遺障害申請を行うための書類の収集、送付なども行います。私も未経験での入所でしたが、先生方や上司の指導の下、最低限のことはできるまでになりました。
  所内での勉強会などもあり、そのおかげで新しい業務にもどんどんチャレンジさせてもらっています。

Q: やりがいを感じる時はどんな時?

  所内の制度として、「Thanks!GoodJob!カード」というものがあります。些細なことでも構わないので、誰かに対して、ありがとう!やいい仕事でした!という意味を込めて、お互いにメッセージを送りあうものです。本当に小さなことでも「ありがとう」や「よかったよ」という言葉を気軽にかけてもらえることが、人の役に立てているという実感や自分の判断は正しかったという自信にもなり、日ごろからやりがいを感じられています。
  また、1年に1度の方針発表会では、昨年1年間で頑張った人を表彰する制度もあります。常日頃から、お互いに褒めあい、称えあう風土のある職場はとても居心地の良い職場だと感じています。

Q: シーライト藤沢法律事務所に入って良かったと感じることはなんですか?

  子供の体調不良等、お休みをいただきご迷惑をかけてしまうことも少なくないのですが、代表の阿部をはじめ、他の所員にもご理解いただき、そのことを抜きに仕事としての自分を正当に評価してもらえていると感じる時は本当に感謝の気持ちいっぱいです。また、向上心の高いメンバーが揃っているため、いつも刺激を受けています。
  これまで資格の取得にも時間がないを言い訳に及び腰でしたが、周りの所員達のやる気に背中を押されて、昨年は資格の取得にチャレンジし、無事合格することができました。周りに刺激を受けながら、自分自身も向上していける環境でよかったと感じています。

Q: 大変なことと言えば?

  お客様あってのことなので、繁忙期や閑散期という見定めが難しいです。そのため、それに合わせての人員配置も難しい為、ありがたいことですが、一気に仕事が舞い込み、皆でてんてこまいになりながら仕事をしている時があります。ただ、終わった後には、達成感と共に団結力が高まっています。

Q: 当所を志望する人に一言

  当所の事務員のほとんどは法律事務が未経験で入所しています。皆、異業種からの転職のため、それぞれに違う強みを持ち、その強みを生かしながら仕事をしています。営業が得意な事務員は、営業のノウハウの研修会を開き、システムが得意な事務員はシステム関係の講習会を開き、不得意な人間でもわかるように解説してくれます。自分自身の強みを生かしたい、新しいことにチャレンジしたい、という意欲のある方であれば大歓迎です、ぜひご応募ください。

採用情報TOPへ